業務紹介

当社は、大規模システムのインフラ整備業務に多数参画しております。
インフラ整備業務は、様々なハードウェア/ソフトウェアについて広範な知識を必要とします。そして、ミッションクリティカルな顧客提供サービスが円滑に運用されるために基盤を固める仕事です。

顧客を含め、人とのコミュニケーションが常に重要な仕事です。

インフラ構築

基盤技術の日々の進化に伴い、顧客のサービス要件も変化しております。
それらのサービス要件を満たすスペックのハードウェアやソフトウェアを選定し、構築・検証を行うのもインフラ整備業務の一つです。
インフラ構築の業務内容は、企画・提案・要件定義から、設計・構築・試験に至るまで多岐に渡ります。

また、商用サーバを更改するためには、同様の検証環境を構築し、十分な検証を行わなければなりません。
そのためには、コンピュータに関する知識はもちろん、仮想化技術やクラウド・コンピューティングなどの新しい技術を素早く習得する能力が必要になります。

  • サーバ、ストレージ、オペレーティング・システム、ミドルウェア等の選定
  • ウェブ・サーバ、アプリケーション・サーバ、データベース・サーバ等の設計
  • データベース設計、共有ディスクの設計
  • バックアップ設計、事業継続計画
  • サイジング、スケーラビリティ、キャパシティ・プランニングの設計
  • 多重化による冗長化、クラスタリングによる高可用化、ロード・バランサによる負荷分散の設計
  • ブレード・サーバ、仮想化技術、クラウド・コンピューティングの導入
  • オープン・ソース・ソフトウェアの導入
  • ハードウェアの搬入・設置・立会、ソフトウェアのインストール、セットアップ
  • パフォーマンス・チューニング、性能検証・評価
  • 障害試験、高負荷試験等の実施
  • マイグレーション計画・実施
  • システム運用機能の設計・構築・試験

運用・保守

毎日のシステムの維持管理も重要な業務になります。
障害の発生を直ちに検知するためにはシステムの監視が常時必要であり、障害復旧時にデータを復元するためにバックアップの取得・保管が必要になります。

また、障害の発生を予防する目的でシステムの稼動情報を定期的に取得・評価したり、ハードウェアの定期点検を実施するなど、サービスを維持するために必要な運用業務が多数あります。
さらに、ソフトウェアのバージョンアップやパッチの適用、非互換・不適合が報告された場合の対応など、適切な保守業務を行う必要があります。

  • リソース、ノード、ネットワーク、プロセス、ログ等のシステム監視
  • ジョブ・スケジューラ、クーロン等によるバッチ・ジョブ制御
  • データのバックアップ、ログ収集
  • オペレーティング・システムの定期リブート、ミドルウェア等の定期リスタート
  • アプリケーション・ソフトウェアのアップデート、リリース管理
  • システムの稼働情報、性能情報、統計情報の取得、性能評価、定期レポート報告
  • ハードウェアの定期点検
  • ソフトウェアのバージョンアップ、パッチ適用
  • サーバのアカウント管理、パスワード管理、サーバ証明書の更新
  • 構成管理、変更管理、ライセンス管理、保守契約期限管理
  • 非互換情報、不適合情報の定期的調査・報告
  • ヘルプデスク、対応実績の定期レポート報告

障害対応

障害は些細なものからサービスに重大な影響を及ぼすものまでさまざまです。
このような障害が発生した場合、迅速な原因解析・対応が要求されることはもちろん、顧客への状況報告や障害復旧までのスケジュール調整が重要になります。

さらに、今後同様の障害が発生しないように適切な対処を行わなければならず、システムに対する知識だけでなく顧客対応能力・状況分析など、総合的なスキルが最も問われる分野であるといえます。
当社にはそう言う意味でのスペシャリストが多数在籍しております。

  • 障害受付、障害切り分け、エスカレーション
  • 情報採取、原因解析、ディスパッチ、障害復旧
  • ハードウェア部品交換の手配・立会
  • 暫定対策、恒久対策の立案・実施
  • 原因解析のための再現試験の実施
  • 障害対応実績、傾向分析の定期レポート報告
  1. ホーム
  2. 事業内容
  3. インフラシステム

PAGE TOP