特長

  • GDSからネットリストを生成できるので、GDSしかない場合でも回路を確認することが出来ます。
  • 回路の配置、配線を見やすく表示するので、ネットリストでは分かりにくい接続関係が確認出来ます。
  • Xprobeが出来ることにより、目視解析のTAT短縮、ヒューマンエラーの減少に効果的です。

機能

Nealsでは、GDSからネットリストの生成を行い、回路を配置配線し、回路とレイアウトのXprobeを取ることが出来るシステムです。

機能

Xprobe

Xprobe

レイアウトと回路の等価な場所をハイライトする機能です。
階層ごとにもXprobeが出来るので、確認作業が簡単です。

Xprobe

配線、ビアから等電位追跡を行い、配線をハイライトが表示できるので、繋がっているセルと回路を参照でき、故障解析にも大変便利です。