SView

大規模GDSⅡストリームデータを高速に表示して手軽に確認が出来るレイアウトビューアです。

メリット

既存のレイアウトデータの内容確認がすぐできるので必要なデータの発見が容易です。
自動生成・変換生成されたGDS2 ストリームデータの気になるポイントも直ちに確認ができます。
DRC で発生した擬似エラーの内容確認が容易にでき、実エラーか否かを判断できます。
使用頻度の高いレイアウト設計CAD プログラムを使用せずに、レイアウトデータの内容確認作業が単独でしかも容易にできますから、設計CAD プログラムの使用効率が高まります。

機能

  • 大量のレイアウトデータをオンメモリで高速図形表示
  • 任意階層のレイアウトデータを表示
  • 表示・非表示の豊富な組み合わせ(DataType256 種類×Layer256 層)
  • 豊富な種類のフィルパタン(64 種類)、カラー指定(約6 万種類)
  • 表示・カラー指定等はファイルへ保存
  • 階層構造の表示および表示トップセルの即時切り替え
  • 距離の測定
  • セルの情報、任意の図形の情報表示
  • 表示図のプリンタ出力
  • 複数GDS2 データの重ね合わせ表示
  • 複数のウインドでのセル表示
  • (オプション機能)2 つのGDS2 データのExclusiveOR 表示 バードビュー(俯瞰図)のウインド表示
  • (オプション機能)パストレース機能(等電位ノードの追跡及び、ハイライト)
  • (オプション機能)DRC(Calibre)インタフェース(エラー箇所へのPAN 及びハイライト)
  • (オプション機能)GDS2 出力機能(ExclusiveOR の結果を出力、関連セルごとの出力)

対応OS

SView-PC(Windows 版)

WindowsXP(32bit/64bit),WindowsVista Ultimate,Windows7(32bit/64bit)

SView(UNIX 版)

Solaris2.8 以降(sparc32bit/64bit),RedHatEnterpriseLinux Ver3(AMD64)